FC2ブログ

記事一覧

白山初拝み

年末から雪続きの白山
モロ松のねぐらの北の窓から
年が明けてもなかなか拝めない・・・
大雪・コロナで始まる丑年

やっと晴れわたった廿日のお昼
モロ松ねぐらの裏山に登る
樹間に輝く白山権現
2021年の初拝み
202101212014517e8.jpg

長良川の奥に鎮座まします
白山三所の大権現とは
別山ご本地聖観音さま
山頂御前峰・十一面

そして中央奥・大汝峰
ご本地・極楽の南無阿弥陀仏
モロ松 心経・念仏唱えた
2021年の初拝み

翌日の朝も天気は上々
放射冷却 ガラスカチンコチン
寺尾ヶ原へと車走らせ
鉄塔巡視路を登っていった

鉄塔下の白山遥拝所
白山は夢のように白かった
この上のない白は汚れたよう
キレイもキタナイも超えた白さだ
2021012120145270c.jpg

モロ松鉄塔下の雪払い
坐し観音経・念仏唱えた
真白く輝く白山浄土は
観音・阿弥陀さまのいますみ国

鉄塔から谷へ下ってゆけば
谷にはけっこう雪が残ってる
やがて下に現わる紅葉ヶ滝
綿々と流れゆく雪融け水
20210121201453908.jpg

滝前に坐せば心洗われる
水は低きへ流れ下ってゆき
白い息は天へと昇ってゆく
思わず「老子」の一節唱える

「谷神は不死 是れ玄牝と謂う
玄牝の門 是れ天地の根と謂う
綿綿たり!其れ存するが若く
之を用いても勤(つ)きることはない」
20210121201454fa8.jpg

「上善は水の如し 水はよく
万(よろず)の物を利して争わず
衆人の悪(にく)む所にこそ居る」
ああ 天地自然の道のまにまに
20210121201456089.jpg

谷には昼前でも日が差さない
岩は苔むし樹に垂れさがる苔
滝の周りの洞穴の一つに
水音聞きつつモロ松坐った
20210121201457404.jpg

昼前ようやく山の稜線に
お日さまが現われ日が射してきた
樹上の氷や雪が溶けてきて
雪の粉舞い 谷に落ち流れる
20210121202216dbf.jpg

枝の氷が日差し浴びてゆるみ
時おり煌めく 青・黄にオレンジ
極楽浄土にある宝樹のよう
浄土でないがこの谷は仙境
20210121202216ca7.jpg

谷神拝むも 白山拝むも
老君拝むも み仏拝むも
モロ松にとってその意味は一つ
ただ 天地自然の道のまにまに

ただ 天地自然の道のまにまに
あらしめたまえとモロ松祈る
阿弥陀・大己貴(オホナムチ)・太上老君
白山権現王子眷属に

谷から登って汾陽寺山へ
正午のお日さまに向かい急登
山頂付近の樹間に白山
山頂を越えて巡視路を下る
2021012120221800a.jpg

樹間の白山三所の権現
真昼の光に朝よりくっきり
手前の蕪山(かぶらやま)もうっすら雪
白山権現 白の中の白
202101212022181d2.jpg

巡視路下って朝の鉄塔へ
高賀山の雪だいぶまた融けた
大雪降れども温暖化つづく
一気に積もって 一挙に融けるか?
20210121202219fd3.jpg

今年も続ける白山順禮
大雪・コロナに用心しながら
急がず慌てず 時を失わず
ただ 天地自然の道のまにまに
20210121202220429.jpg

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝