FC2ブログ

記事一覧

箱根大権現

 8月12日、久々に箱根・駒ヶ岳へ。六年前(2012年)の大晦日に三島から駒ヶ岳を越えて箱根湯本まで歩いた時以来です。
 今回は親子での旅行なので、徒歩ばかりではありません。前日(8月11日)の大涌谷。


2015年の噴火以降、大涌谷周辺の山道は通行止のままです。12日朝、芦ノ湖の船上から拝んだ九頭龍神社。


山上は雲に隠れていましたが、湖畔は涼しく快適でした。
 駒ヶ岳ロープウェイに乗る前から、小雨。雨具を用意して山上に着くと、霧は濃いものの雨は時折降る程度。シモツケソウなどの花を見つつ、箱根元宮に参拝して山頂へ。


霧が薄れると、現われた巨大なロープウェイ駅舎の輪郭にビックリ。駅舎に戻って下りのロープウェイに乗りましたが、雷雲が近づいているとのことで一時運休。万が一、運行中に停電となると、宙吊りになってしまうからです。
 駅舎で四十人ほどの方たちと待機。やがて山上は激しい雷雨となり、なかなか治まらず。箱根大権現と、奈良時代に箱根三所権現を開かれた萬巻上人にお祈りしても、雷は全く止む気配がありません。山頂は寒いくらいで、駅舎のストーブを焚き、非常食のパンをかじりつつ皆で待つこと三時間。ようやく山上の雲が薄れ、元宮の向こうに青空が見えてきました。


ロープウェイの方へ向かうと、前日から姿を隠していた富士山のお姿が!待ちくたびれていた皆から、歓声が上がりました。
 ロープウェイから拝む、富士山。


生まれてから三十すぎまで関東で暮らしていた私は、もちろん富士山を何遍となく見てきましたが、箱根山上での思いがけぬ雷雨三時間の後、思いがけず示現された富士山のお姿は、今までとは違うものでした。苦しみは尽きせぬとしても、やがて道は開ける・・・箱根大権現と富士浅間大菩薩は、そう語りかけているようでした。
 平安時代後期、伊豆山(走湯山)、白山、富士山で修行された末代上人が富士山麓・村山に開かれた興法寺の浅間七社相殿には、浅間大菩薩(本地・大日如来)・伊勢両宮・熊野三所権現・白山大権現・伊豆大権現・箱根大権現・三嶋大明神が祀られていました。


(村山浅間神社と大日堂、2016.2参拝時)
神仏のお導きを心の灯火に、先の見通せぬ世(夜)を、歩んでまいろうと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝