FC2ブログ

記事一覧

身近な自然~自粛する勇気

2020032217103070d.jpg
 大自然と対話をするのに、必ずしも遠くまで行く必要はありません。

「其の出づること弥いよ遠くして、其の知ること弥いよ少なし。」(「老子」第四十七章)

新型肺炎の長引びく流行は、身近な自然を見直すよい機会でもあります。
 3月22日、私のねぐらから長良川に降り、河畔を散策。
20200322171032b86.jpg
処々に咲く菜の花。
20200322171033d4b.jpg
対岸から響くウグイスの題目。高賀山を遥拝しつつ、長良川上流・毘沙門岳の中腹から流れてきたと伝わる毘沙門天王のお堂に参拝しました。
20200322171033f27.jpg
 川べりに浮かぶ、白い鳥の羽。
2020032217103474b.jpg
のんびりと泳ぐカモたち。
20200322171035161.jpg
ヒドリガモもいます。
20200322171037d94.jpg
空は春霞み、川の上流に横たわる高賀の山並。
202003221710380c9.jpg
木から飛び去るサギ。
20200322171712281.jpg
支流の津保川から土手に向かうと、叢に咲く諸葛菜(ショカツサイ)。
20200322171715fed.jpg
諸葛孔明なら、今般の新型ウイルス騒動にどう対処するでしょう?竹林にさえずるウグイス。声はすれども姿はなかなか見えません。ふと、昨年(2019年)1月、山県市で建物に入ってこごえていたウグイスを両手で温め、逃がしてやったのを思い出しました。
20200322171714f4c.jpg
すでに咲き始めた桜。
20200322171716fe8.jpg
サイホンで津保川くぐり流れゆく用水路沿いに、ひっそりと咲く水仙。
20200322171718c39.jpg
保寿稲荷大明神に参拝、宝篋印塔に宝篋印陀羅尼をお唱えして、世界の人々が今般の疫病の苦難を乗り越えられるようお祈りしました。
20200322171719e21.jpg
 用水路を渡って若宮神社に参拝。
2020032217172089c.jpg
社から、急峻な谷を上へ。
202003221717236c7.jpg
かなりの急勾配ですが、尾根には付かず谷を只管登りました。
202003221717255aa.jpg
谷を登りきった処が山頂。
202003221724173d3.jpg
今日は御嶽山も霞んで見えません。
202003221724186fa.jpg
長良川下流側に金華山(岐阜城)。
202003221724196e4.jpg
隣の小山へと縦走すると、足元に緑がかったクリーム色のまゆが落ちていました。ヤママユガ(天蚕)のまゆです。
20200322172420180.jpg
とても頑丈でしかも軽い、天然の絹。天蚕糸でマスクを作ったら、丈夫で長持ちするでしょう(もったいなくて、捨てられません)。昨年(2019年)10月、山県市でヤママユガの仲間のクスサンに出会ったのを思い出しました。
20200322172421bc8.jpg
きらびやかでそそっかしい蝶に比べ、蛾にはしっとりとした清静の気品が感じられます。
 北の樹間に、長良川と高賀山。
20200322172422feb.jpg
白山は霞んで見えません。北東の御嶽山も不見。
20200322172424e8e.jpg
手前には、昨年から山肌がどんどん削られている山。人間はまた、何をしでかそうというのでしょう・・・。山を下り、山腹の社を見下ろしました。
20200322172426ebc.jpg
この岩上には数年前までお稲荷さんが祀られていましたが、大風で吹き飛ばされてしまったのでした。祠の跡形もない岩の上に、お稲荷さんを拝みました。
 麓に降りると、ハクモクレンの花。
20200322172427b89.jpg
大自然の営みは、「召(まね)かずして而も自(おの)ずから来」ます。世界中の人々がパンデミックという困難の中にある今、「自分くらいは大丈夫だろう」などと甘く見て敢えて遠出するよりも、身近な所に潜んでいる自然の魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。ソーリ大臣やら学者先生やらに強いられて不本意ながら自粛させられるのではなく、大自然に順って自らの意志で自粛してこそ、本当の「自粛」です。

「敢えてするに勇ならば則ち殺され、敢えてせざるに勇ならば則ち活く。・・・天網恢恢、疎にして而も失わず。」(「老子」第七十三章)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝