FC2ブログ

記事一覧

英彦山~岳滅鬼山~宝珠山放浪2

(承前)
 英彦山北岳から13時すぎに中岳に戻り、南岳へ。
201907222114067b7.jpg
本地・お釈迦さまに舎利礼文をお唱えし、鎖やハシゴを伝って下ってゆきました。
20190722211406e8a.jpg
雨は山頂部のみでした。鬼が伐り出したと伝わる材木石。
20190722211409e1f.jpg
沢に下って洗面し喉を潤し、巨大な鬼杉に参拝。
20190722211410b23.jpg
沢を少し登りなおし、14時に大南神社に参詣。
201907222114113db.jpg
彦山四十九窟の一つで、不動明王が祀られています。勤行を修し、鬼杉から大南林道方面へ降下。遡上したくなるようなナメ滝を見下ろしつつ、林道を登ってゆきました。
20190722211944c4b.jpg
車両通行禁止の深倉林道は処々崩壊しています。
20190722211948558.jpg
岳滅鬼峠への道も、寸断されていました。
20190722211949211.jpg
古道に入り、15時15分、岳滅鬼峠(がくめきとうげ)着。
20190722211951cf0.jpg
此処からは豊前と豊後の国境尾根、ロープとハシゴを伝って険しい岩場を登ってゆくと、後方に英彦山が拝めました。
201907222119525be.jpg

201907222119520b1.jpg
 16時前に岳滅鬼山登頂。
201907222127474b3.jpg
歩いてきた尾根越しに、北北東に英彦山南岳、その背後に中岳。
20190722212748bd0.jpg
般若心経と彦山三所権現ご真言をお唱えし、彦山権現に感謝。当初の予定よりだいぶ時間がかかっており、西側への縦走路を下ってゆきました。岳滅鬼山の西側の山道は、なだらか。右手の樹間に英彦山。
20190722212748a1d.jpg
16時15分、豊前・豊後・筑前の三国境より釈迦ヶ岳方面へ降下。
201907222127506a0.jpg
すぐに宝珠山林道への標識が現われ、倒木だらけの谷を下って林道に着地。
20190722212752620.jpg
林道も崖崩れで惨憺たる有様でした。
20190722213311b9c.jpg

2019072221331372a.jpg
二年前(2017年)の九州北部豪雨の爪跡です。林道災害復旧工事は、当然のことながら下から行われています。17時頃、ようやく工事現場に出合いました。工事の方から「どこから来たの?」と尋ねられ、「ガクメキサンです」。筑前岩屋からの代行バスに間に合うべく駈け足で下ってゆくと、工事現場からの帰りの車が私に追いつき、「乗る?」と勧めてくださいました。ご好意に甘えて乗せていただき、岩屋神社まで送っていただきました。二年前の災害で英彦山麓の添田町や東峰村は未だに鉄道が通じておらず、復旧半ばですが、彦山駅で出会ったおじいさんといい、宝珠山林道の工事の方たちといい、心のやさしさが身に沁みて、また来たい!と思わずにおれません。
 岩屋神社の石段を登り、宝珠石を祀る本殿と権現岩に参拝。
20190722213314a61.jpg
この辺りは彦山四十九窟の宝珠山窟があり、彦山順峰春峰四十八宿の玉来宿でもありました。彦山三所権現に参拝し、九州北部豪雨被災地の一日も早い復旧をお祈りして筑前岩屋駅へと降下。駅舎の前に架かっていた橋は流されたままで、対岸に渡れません。
20190722213316cec.jpg
代行バスの停留所は駅から四百m南の橋のたもと。宝珠山川の上流には、釈迦ヶ岳。
20190722213317ec0.jpg
代行バスに乗って日田駅へ。代行バスは両替ができず、おつりはいりません、ありがとうございました!とお礼して降車しました。霊峰英彦山には、近いうちにまた来ることになるでしょう。彦山駅や筑前岩屋駅が復活するまで、応援してゆこうと思います。

南無彦山大権現
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝