FC2ブログ

記事一覧

白山に見守られて


 白山の見える生活、それは即ち、白山に見守られている生活であります。岐阜から見た白山は、中央に御前峰、大汝峰、別山の白山三所権現がバランスよく並び、その左右に裾を思いっきり広げ、白く輝くその姿は、まるで、神の島、というべき神々しさです。平地からは、山々に隠れてなかなか見えず、山々の鞍部に真っ白な頭を覗かせています。また、美濃地方のみならず日本海側まで晴れ渡らないと、姿を現してくれません。その分、見えた時の感動は、大きなものです。
 法華経に「我常住於此 以諸神通力 令顛倒衆生 雖近而不見」「衆生既信伏 質直意柔軟 一心欲見仏 不自惜身命」とあります。お釈迦様は、常に「此所」におられるが、私たちがそれに慣れてしまうことのないよう、あえて姿を晦ます、というのです。白山も、見えない時は、どんなに高い山に登っても見えません。見えませんが、白山が其所にあるのは、間違いありません。見えても見えなくても、南無白山妙理大権現、と手を掌わせるのが、白山に見守られている者の生活でしょう。
 今日は、空気が冴え渡り、御嶽山、能郷白山などの白き山々、そして、諸山の女王の如き白山が、長良川の奥に姿を現しています。白山に見守られていることを忘れずに、日々の生活に勤しもう、との決意を新たにしました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝