FC2ブログ

記事一覧

虚空蔵菩薩



 白山の本地は、御前峰が十一面観音菩薩、大汝峰が阿弥陀如来、別山が聖観音菩薩、いずれも泰澄大師が感得し、白山三所権現として古来崇められています。
 白山には虚空蔵菩薩も祀られていて、美濃馬場の中居神社のご本尊(奥州藤原秀衡寄進)の他、かつては別山の加宝社、加賀馬場の加宝宮にも祀られていたようです。また、越前馬場の平泉寺の白山三所権現社壇脇の加宝社や、四至の艮(うしとら、北東)側にも、虚空蔵菩薩が祀られていました。
 白山と虚空蔵信仰の関わりは、美濃の高賀山(冒頭写真)の虚空蔵信仰が、白山信仰の南進によって取り込まれたようでありますが、泰澄大師が虚空蔵求聞持法を修したとの伝承もあり、逆に白山から虚空蔵信仰が高賀山に伝わったとの見方もあります。
 高賀山の虚空蔵信仰は、白山信仰とは全く別の伝承に基づくもので、それによれば、高賀山(瓢ヶ岳)の妖魔を、京の都から遣わされた藤原高光が虚空蔵菩薩のご加護によって討ち取った、というものであります。
 藤原高光といえば、平安時代、右大臣藤原師輔の子で、多武峰少将と呼ばれた人です。父の死後、比叡山で出家して如覚と号し、大和の多武峰(とうのみね)に移って、奇行で知られる増賀(そうが)上人を叡山より招き、増賀のもとで止観、台密、法華、念仏をはじめとする天台の修行をされました。
 増賀上人は、慈恵大師(良源)の弟子で、叡山根本中堂にて、「道心つきたまへ」と念じつつ投地礼千遍を千日行じたり、伊勢神宮に参拝後、衣服を貧しい人に与えて素裸で叡山に戻るなどの逸話で知られる、名利を捨てて道心に生きた大先達です。
 伝教大師(最澄)は、「道心の中に衣食(えじき)あり、衣食の中に道心なし」、「宝とは道心なり、道心ある人を名づけて国宝と為す」と、道心の如何に大切であるかをお教えになりました。
 増賀上人はなかなか厳しい人であったようですが、高光はこの師のもとで、み仏の教えを学び、実践していったことでありましょう。
 中国の天台智者大師は、「法華文句」で、法華経序品の「普香天子」即ち「明星天子」が、虚空蔵菩薩の化身であると説いていますが、高光や増賀が特別に虚空蔵菩薩を信仰したというような記録は見当たらぬようで、真言宗系の高賀修験の説話に、何故、天台僧となった高光が取り入れられているのか、不思議ではあります。
 高賀山の妖魔退治の伝承は、高賀山麓の他、南西の山県市にある岸見山にも伝わっており、同市伊自良の釜ヶ谷山麓には、虚空蔵菩薩を祀ったお堂もあります。先日、釜ヶ谷山に登りましたが、山頂の北側の尾根の鞍部に、坊主池という小さな池があり(写真)、鹿が走り去ってゆきました。水たまり程度の池でしたが、彼らにとっては、今でも大切な水場であるようです。
 虚空蔵菩薩を縁に、白山から高賀山、多武峰まで話が広がってしまった次いでに・・・鎌倉時代、叡山を下りて多武峰で達磨宗の禅を学んだ懐奘(えじょう)禅師は、後に道元禅師に師事し、永平二祖となられました。
 道元禅師の「正法眼蔵」に、中国唐代の石鞏禅師が、弟子に「虚空を捉えることができるか」と問うたところ、弟子は虚空を掴むしぐさをした。「和尚ならどうされますか」。すると、石鞏はいきなり弟子の鼻をギュッと掴んだ。「イタタタタタ!・・・」という問答が引かれています。
 虚空蔵菩薩の参究も、いたずらに外に求めるばかりでは甲斐がありません。今日十三日は虚空蔵菩薩の縁日。己れの道心を、しっかりと見つめ直したいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝