FC2ブログ

記事一覧

紅葉ヶ滝



 私がよく訪れる、白山遥拝の山。今日も早朝に登りましたが、高賀の山並と三尾の山並の間に見えるはずの白山は、雲に隠れて見えませんでした。
 山を越えて20分ほど下った谷間に、滝があります。滝の下から流れるせせらぎの真ん中の、苔むす石の上にて坐禅。滝の落ちる音と、せせらぎの音。滔々と流れゆく水。透き通った水面に滝の姿が映り、よく見ると、水の中をゆったりと魚が泳いでいます。
 中国宋代の宏智(わんし)禅師が書いた「坐禅箴」に、「水清うして底に徹す、魚行いて遅遅たり」と・・・。絶え間無き水の流れの中に、遊戯している魚たち。綿々たる自然の営みと、一つになっている魚たち。静観している私も、その瞬間、対境と一つになっていたかもしれません。ちっぽけな己を捨てて、大いなる流れの中に・・・
 一時間ほど坐し、観音経をお唱えして山に戻りました。晴れてはきたものの、空が霞んで展望は今一つでしたが、朝日に照らされた紅葉が、見事に輝いていました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝