FC2ブログ

記事一覧

白山美濃禅定道登拝







 28日朝3時半、白山美濃馬場長瀧寺・白山神社に参拝。天の河まで見える満天の星空の下に、長良川の川音が響いていました。次いで石徹白の白山中居神社に参拝。翌日午後には予定がある為、石徹白川沿いの林道に車が入れなければ中居神社~別山~南白山まで縦走するつもりでしたが、林道は通行可。白山美濃禅定道登拝に予定変更です。
 5時前に大杉登山口を出発。2週前には雪の下だった登山道も、だいぶ現れていました。今清水社跡にて地蔵菩薩ご真言をお唱えし、おたけり坂の下の急斜面でアイゼン装着。6時前、おたけり坂の雨やどりの岩屋で日が射してきました。
 6時すぎに神鳩着、不動明王ご真言をお唱えし、7時前、銚子ヶ峰登頂。左右に三ノ峰と南白山を従えて鎮座する別山を前に、般若心経をお唱えしました。
 銚子ヶ峰からは一ノ峰、二ノ峰と雪上を縦走。大野盆地がよく見えます。越前三ノ峰への急登では雪の斜面に足を蹴りこみ、一歩一歩攀じ登りました。8時半、三ノ峰避難小屋着。三ノ峰の頂上からは、別山・御前峰・大汝峰の白山三所権現を遥拝しました。
 9時半すぎ、別山平の加宝社跡にて虚空蔵菩薩ご真言をお唱えしました。御手洗池はまだ雪の下。別山への尾根を直登し、10時15分登頂。北西風が冷たく、別山社は雪に埋もれていました(写真2)。南面して大日ヶ岳を遥拝し、振り返って白山頂・御前峰に掌を合わせて出発。御舎利山では舎利礼文をお唱えしました。
 御舎利山からは、稜線の藪と雪の縁を、只管尾根伝いに進みました。大屏風にはまだかなりの雪。12時すぎに油坂ノ頭着。油坂を谷まで下るのは面倒なので、北東の尾根伝いに雪上を進みました。神鳩避難小屋の壁に貼ってある、石徹白に伝わる「白山絵図」を見ると、油坂ノ頭から南竜ヶ馬場へ下る禅定道とは別に、この尾根筋にも赤線が引いてあるように見え、尾根伝いに白山へ縦走する行者の道があったのかもしれません。
 12時半、2244mピーク着。目前に聳える御前峰は、まるで大仏のよう(写真3)。2244峰を過ぎた所で、アイゼンに付けていたバンドが切れてしまいました。昨年6月の美濃禅定道登拝時に紐が切れ、以来約一年間、フック付のタイヤチューブロープで代用してきました。予備の紐で応急に固定し、再出発。2244峰の次のピークから南竜山荘の北東辺りへと下り、山荘の裏から続く尾根に取り付きました。
 持参した飲料が尽き、雪をペットボトルに入れて山頂を目指し、14時40分に御前峰登頂。風がとても冷たく、山頂の白山奥宮は半分くらい雪に埋まっていました(写真4)。観音経をお唱えし、大汝峰と剣ヶ峰を遥拝。
 下りは、前述した白山から油坂ノ頭までの尾根を縦走。山頂から展望コースへと一気に下り、15時半、アルプス展望台の先で東の尾根へ。すぐに南へと向きを変え、来た時の2244峰へと連なる尾根です。北アルプス、乗鞍、御嶽はうっすらとしか見えませんでしたが、三方崩山や白水湖が間近に見えます。
 17時すぎに油坂ノ頭着。大屏風の雪上を歩いて18時すぎに2342mピークに着いた頃には、夕日が白山を照らしていました(写真1)。御舎利山で日が沈み、19時すぎ、別山からはヘッドライトを点けて、星空と街の灯りを見つつ慎重に尾根を下りました。日中の熱で雪が軟らかくなり、歩きづらいです。
 21時前にようやく三ノ峰にたどり着き、山頂に坐して、月と星の明かりに浮かぶ別山・白山を遥拝。穏やかな風の、静かな夜です。北西に加賀の夜景が明るく、西は勝山でしょうか、福井でしょうか。南々東には、白鳥辺りと思しき車の光が見えます。三ノ峰避難小屋に入り、寝袋にくるまってグッスリ休みました。
 翌29日は4時起床、5時前出発。小屋を出ると、夜明け前の別山の美しい姿が目に入ってきました(写真5)。別山の左肩には御前峰。白山の山々に「お早うございます」と挨拶。小屋からの急な下りの途中、槍ヶ岳と穂高連峰の間から日が昇ってきました(写真6)。ご来光を拝み、昨日は試練を、今朝はかくも素晴らしき恵みを与えてくださった白山権現に、感謝。
 早朝は雪が引き締まり、歩きやすいです。6時半すぎに銚子ヶ峰着、別山に向かって三拝。大平壁はまだ一面の雪です。銚子ヶ峰から下ってゆくと、下からたくさんの人が登ってきました。母御石にて、皆さんの無事をお祈りしました。
 8時15分に大杉着。熊清水で洗面して喉を潤し、白山の恵みに心から掌を合わせました。大杉に向かって般若心経読誦。
 帰りは中居神社と長瀧寺に参拝。石徹白は桜が満開、長滝もまだ見頃でした。
 仕事の都合で慌ただしい日程の山行でしたが、その分、その場での判断が試され、白山権現のお導きにより、無駄なく密度の濃い登拝をすることができました。

能禮所禮性空寂
感応道交難思議
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝