FC2ブログ

記事一覧

大白川~白山・別山登拝


 大気の不安定な状態が続いていますが、大白川から白山三所権現を登拝してきました。
 1日は、早朝に白鳥で参禅してから大白川へ。雲が多く、ひるがのSAから白山は見えませんでした。9時すぎに大白川登山口着。山頂までの距離が短いからでしょうか、駐車場には石徹白よりはるかに多くの車。
 9時20分出発。蒸し暑いですが、登山道にはアサギマダラが舞い、アキノキリンソウ、シモツケソウ、アザミ、チョウジ、トリカブトなど色とりどりの花が咲いていました。一時間半で大倉山着。白山や別山、奥三方など二千mを越える山の頂は雲を被っていました。大倉山から上はさすがに涼しく、上空に青空が見えてきて奥三方岳が頂を現し、賽の河原に出ると御前峰も別山も拝め、ひるがの高原も見渡せました。
 正午に室堂に着き12時半御前峰登頂。観音経をお唱えしました。霧で何も見えませんでしたが、やがて霧がサーッと流れると、目の前に剣ヶ峰の姿。御内陣へと下り、13時、翠ヶ池に下りました。池の縁にはまだ雪が残っており、雪庇の下でしばし坐しました。


風はほとんどなく、雪庇から池に滴る水音の、明るい静けさ。
 14時に大汝峰登頂。防災の日、念仏をお唱えして震災で被災された方々に回向しました。山頂から東へ少し行くと、翠ヶ池の雪がよく見えます。


 千蛇ヶ池を経て14時45分に室堂へ。千蛇ヶ池も今年は雪がたっぷりです。カライトソウ咲くエコーラインを下り、15時半、南竜ヶ馬場へ。これから登る油坂の山道が、目の前に立ちはだかっていました。
 油坂を登ってゆくと次第に雲が増え、飛騨側では雷の音。大屏風で雷雨に会ってはかなわないので、南へと道を急ぎました。麓には湯谷が見下ろせましたが上空は雲に覆われ、三方崩辺りの上でゴロゴロ鳴っていた雷は、どうやらこちらを追いかけてくるようです。
 17時すぎ御舎利山着、舎利礼文をお唱えしました。雨が降り始め、加賀側でも雷が鳴っている様子。御舎利山から別山側に下った処にある石室に泊まることにしました。


石を積んで屋根を渡しただけの室で、奥は屋根が潰れかけています。屋根にはあちこちに穴が開き、雨漏りは雪庇の下並みです。ツェルトにくるまって雷が去るのを待ちました。一度、石室の真上の空を稲妻が切り裂いて過るのが、屋根の穴から見えました。「雲雷鼓掣電…念彼観音力 応時得消散」。日頃の生活では避雷針や頑丈な建物で雷から守られていますが、山上でこうして独りで雷と向き合わされてみると、己れのいかに小さく、はかなく、頼りない存在であることか。観音さま、白山権現を念じつつ、雷が去るのを待つの他ないのでした。一時間程すると、雷は遠くへ去ってゆきました。21時前にも越前側から雷鳴が轟いてきましたが、こちらへは来ませんでした。
 22時半に外へ出てみると、北に加賀側の夜景。稲光がしていますが音は届きません。振り向くと、石室の上に満月が昇っていました。雨漏りもほぼ収まり、ラジオを聞きつつ仮眠。
 翌2日、3時起床。雲の間に星が見えました。加賀側では相変わらず、一際高い積乱雲がピカピカ光っていました。


ヘッドライトを点けて別山へ。10分程で着き、月明かりの中で般若心経読誦。北に白山の山影がくっきりと見え、南の空にはオリオン座。チブリ小屋や室堂辺りにライトの灯りが見えました。別山神社でしばらく坐しましたが、寒いので一旦石室に戻って坐禅。
 4時半、東の空が色づき始め、加賀側の上空高くモンスターの如く立並ぶ積乱雲の行列が、いち早く陽の光を受けていました。5時、再び別山へ。大汝峰は雲の中ですが御前峰はくっきり。夜明けの白山に掌を合わせました(冒頭写真)。西の空には満月が皓々と輝き、東の雲上に5時半、日が昇りました。




昨夜の雷雨の為か別山には誰もおらず、ホシガラスが遠近にいました。別山社にて延命十句観音経を読誦、雷雨を凌げたことと、この美しい夜明けを感謝し、帰路につきました。
 大屏風、油坂を経て7時半すぎ南竜ヶ馬場着。展望歩道を登ってゆくと東麓から霧が上がってきましたが、霧が流れ去ると別山の左後に高賀山、右後に伊吹山、能郷白山、荒島岳などが見えてきました。北アルプスは見えず御嶽山は山上が雲に覆われていましたが、恵那山はすっきりと見えました。
 8時45分、大白川への平瀬道に合流。御前峰は雲を纏わず、大倉山への下り道に振り返ると、窟までよく見えました。下ってゆくと暑さが増してきます。大白川に近づくと、アサギマダラが出迎えてくれました。
 11時すぎ、大白川着。帰りは荘川の白山神社に参拝、昔話に出てきそうな萱葺きの優しい造りのお社で、山行の無事と素晴らしい体験を感謝しました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝