FC2ブログ

記事一覧

美濃禅定道滝巡拝・毘沙門岳 2

 毘沙門岳から13時半前に旧桧峠に戻り、禅定道から残雪の谷へと下ってゆきました。谷はなだらかで、谷沿いの雪を踏みつつ右岸から左岸へ、左岸から右岸へ徒渉。
 谷を20分程下ると、流れが急になってきました。岸の山腹に取り付いては尾根伝いに谷へ下ること数度。セリバオウレンが咲いていました。淡いブルーのキクザキイチゲの咲く急斜面を下ると、14時すぎ、滝の真上に出ました。


其処は、神秘的な世界でした…。はるか下に流れ落ちる滝の上には、階段状の滝と、高く聳え立つ柱状節理。


イワウチワ咲く樹下に坐して下を覗き見ると、滝の水が轟々と飛流直下していました。



落差60m。真下に小さく、人の姿が見えました。滝上で正身端坐し、一心に念仏をお唱えしました。
 この神秘的な場所から下りたくない、もう煩しい日常生活に戻りたくない、そう感じさせるほど、其処は美しい所でした。あまりの美しさは、何か、死と結びつくものがあるのかもしれません。其処はまるで彼岸であり、極楽浄土でした…。しかし、仏さまはこの滝水の如く、其処に決して留まることなく、一切衆生を救う為に絶えず下ってゆくのでした。私も何時までも其処に留まることはできない、いや、まだ留まることは許されないでしょう…。
 30分程して坐を立ち、滝上から尾根へ登ってさらに下の谷へ。垂直な絶壁があり、岩の突起に手足を掛けて慎重に下りました。滝の下へ出ると、日が滝の上に輝いていました。


滝壺の脇の窟にて、念仏をお唱えしました。
 すぐ側にもう一つ滝があり、登ってみました。豪快さはありませんが、なかなか風情のある滝です。


 帰りに前谷から毘沙門岳を遥拝し、毘沙門天ご真言、白山権現ご宝号をお唱えして感謝しました。


滝の水が川となって、山から町へ下ってゆくように、私も長瀧寺、洲原神社と参拝しつつ日常生活へと下ってゆきました。山で何かが、洗い流されたのを感じつつ…。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝