FC2ブログ

記事一覧

八反滝~初河山登拝・上

 22日朝3時、白山中宮長瀧寺に参拝し、石徹白へ。石徹白はまだアジサイが満開でした。中居神社に参拝して4時すぎに八反滝入口駐車場着。薄明の中、4時半に初河谷沿いの道を歩き始めました。八反滝までは草が刈られており、谷を何度か徒渉して30分程で滝に参拝。


滝壺まで下って般若心経をお唱えし、右岸の藪の斜面を這い登ってゆきました。
 尾根に出、藪を掻き分け北西へと登ってゆくと、やがて尾根は北方向へ。正面の樹間に初河山、南西には野伏ヶ岳と小白山を遥拝。



藪中の獣道をさらに登ってゆくと、6時すぎに芦倉山から日が差してきました。


南には毘沙門岳と西山の右奥に、雲海に浮かぶ滝波山・美濃平家岳・平家岳。


尾根は北東に向きを変え、
左手の樹間に薙刀山と日岸山が見えました。


藪は灌木に頑強な笹が交じり、厳しい登りです。7時半、樹間に願教寺山、さらに銚子ヶ峰が拝めました。



願教寺山とよも太郎山の奥にはうっすらと赤兎山。銚子ヶ峰の奥、三ノ峰や別山は雲に覆われていました。山頂に近づくと、やせた尾根の右側は草丈がさほど高くなく、芦倉山の右奥に大日ヶ岳へと連なる山々を望みつつ、ストックで右に押し分けた藪を足で踏み分け登ってゆきました。


 8時半前、ようやく初河山頂が間近に見えてきました。


点々と咲く黄色い花が目立ちます。山頂部に着くと、右手の石の多い斜面はニッコウキスゲ、シモツケソウ、アザミ、クガイソウなどの咲くお花畑でした。三時間半、藪を漕いだ甲斐がありました。





奥深い藪山を彩る花の色、初河谷から立ち昇る霧の味、山にこだますウグイスの声。観音経をお唱えし、石上に正身端坐しました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝