FC2ブログ

記事一覧

八反滝~初河山登拝・下


 9時半頃まで坐し、尾根に戻って5分で登頂。山頂も、藪です。下りは尾根の藪をさらに東へ進み、ニッコウキスゲとギボウシの咲くお花畑の間の谷筋を縫って下りました。


急な斜面を下ってゆくと大きな石畳や大岩が現われ、雨が降ってきました。大岩の下で雨宿り。



上空には雨雲がありましたが、石徹白の集落は明るく見えました。


しばらくして雨は止み、大岩から下のサワアジサイ咲く涸沢を下って11時前に初河谷へと下りました。


初河谷上流部は滝が多く雨で水量も増しており、谷を下るのは危険です。右岸の藪を初河谷を見下ろしながら延々とトラバースすることにしました。
 斜面は急な上、灌木と笹のジャングル。ドシャ降りの雨が降りだし、笹に滑っては枝にしがみつき、急な谷をいくつも横切って上っては下り、下っては上りして、全身ドロドロになって藪を徘徊しました。11時半頃、谷を渡って見下ろすと、初河谷にはまだ雪渓が残っていました。


12時半頃、初河谷から滝の音が聞こえてきたので藪を下ってみると、下に滝が見えました。


やっと着いた…と思ったのも束の間、朝見た八反滝とはどうも様子が違います。八反滝より上流の滝でした。
 13時、14時…谷の響きは聞こえても八反滝はなかなか現われず、時間の感覚もなくなって、十一面観音菩薩を念じ、只、滑り落ちぬように気をつけながら黙々と藪を横切ってゆきました。雨は止み、天候は回復してきたようです。15時半、ようやく、樹間に滝の姿が見えました。下ってゆくと、まぎれもなく八反滝でした(冒頭写真)!急斜面を下って滝壺に飛び込み、水浴び。その後、滝前で般若心経、白山権現ご真言・ご宝号をお唱えし、真っ直ぐに落ちる滝と対面して坐しました。滝の水の中には、山上に立ち昇る霧が、ニッコウキスゲやクガイソウやギボウシの露がありました。涸沢の石に滴る水がありました。藪と私に降りそそいだ雨もありました。真っ直ぐに立つ滝の姿は、白山権現、即ち十一面観音菩薩のお姿そのものでありました…雲の切れ間に太陽が顔を出し、虹が滝に映えました。


 白山権現の与えてくださった体験を、試練とご加護を感謝し、投地礼をして16時すぎに初河谷沿いの道を下ってゆきました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝