FC2ブログ

記事一覧

大白川~白山・別山・三ノ峰 上


 25日朝6時前、雨の降る中、白山大白川登山口を出発。午後には天気は回復すると予想され、午前中をなんとか凌げば山上で寂かな時をすごせそうです。曇った空はけっこう明るく、白水湖や奥三方岳、上には剣ヶ峰の山腹がうっすらと見えるものの、雨は一向に止みません。


風雨が強まってきた為、7時半に大倉山避難小屋で雨宿り。来ては去る風雨の音を聞きつつ坐しました。
 雨が弱まってきたので8時に出発。奥三方岳が雲の上にくっきりと姿を現しました。


山道にはハクサンフウロやハクサントリカブト、イブキトラノオなどの花々。


雨はその後も降ったり止んだりしていましたが、9時に山頂部に出ると雨は霧に。9時20分室堂着、30分程で御前峰に登頂し、白山奥宮にて観音経を読誦しました。


霧で展望はほとんどなく、わずかに剣ヶ峰が見えました。


 山頂からご御内陣へと下り、紺屋ヶ池を経て10時半に翠ヶ池へと下りました。


昨年よりも残雪が多いです。般若心経と十一面観音菩薩ご真言をお唱えし、霧の中、剣ヶ峰から注ぐ水音と、北風に打ち寄せる波の音を聞きつつ坐しました。


こちらからは何も見えなくても、白山権現にはすべてが見えていることでしょう。
 11時に坐を立ち、大汝峰へ。30分で登頂、大汝峰本地・阿弥陀如来に念仏をお唱えしました。


霧は明るくなってきましたが、御前峰も翠ヶ池も見えませんでした。正午に下山すると、ようやく雲間に太陽が顔を出し始めました。まだ雪の多い千蛇ヶ池を経て室堂へ。


室堂から砂防新道方面は、登山客がけっこういました。ニッコウキスゲやカライトソウ、コバイケイソウなどの咲くエコーラインを下って南竜ヶ馬場、さらに赤谷へと下り、14時に油坂を上り始めると、上空に青空が見えてきました。



天池を鮮やかなヒョウモンエダシャクが舞っていました。


トリカブト、シモツケソウ、タカネマツムシソウ…色とりどりの花咲く大屏風を渡ってゆくと、やがて正面に御舎利山が見えてきました。崩れかかった山道の下には、箱谷の雪渓。


 16時、御舎利山にて舎利礼文をお唱えし、別山へ。


途中で北を振り返ると、それまで雲に隠れていた白山頂御前峰と大汝峰が姿を現していました。


そして東側の谷を見下ろすと、霧に映った私の影が後光に包まれていました…ブロッケン現象です。


左手に白山御前峰と大汝峰、右手には別山。白山三所権現がそろって姿を現わすと同時に出現した、その映像。それはおそらく、ほんの数分のことだったでしょう。しかし、私の中では時間は完全に止まっていました。霧が消えると、映像は跡形もなく消え去っていました。


そして御前峰と大汝峰も、再び雲の中に姿を隠していました。
 16時半、別山登頂。別山社にて観音経と白山三所権現ご真言・ご宝号をお唱えし、感謝。白山権現が示して下さったその映像に、どんな人にも仏性があること、一切衆生悉有仏性ということの、美しい比喩を観ました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝