FC2ブログ

記事一覧

川上岳・位山縦走~白山遥拝


 4月25日未明、奥美濃・明宝から飛騨・清見に入ると、気温は0℃でした。


楢谷の白山神社に参拝後、県道宮清見線へ入ろうとしましたが、冬期通行止。横断側溝取替工事が6月20日まで行われており、車での通行は不可能です。川上(かおれ)岳登山口まで十キロ近く歩かねばなりません。氷点下の空気の中、ゲートを越えて5時に県道を歩き始めると、向かいから薄茶色の体に白い顔の動物が二匹走ってきました。テンです。渓を見下ろしながら県道を一時間程上るとユンボが道を塞いでいました。道路に雪はありませんが、日陰には残雪が僅かにありました。
 6時半、清見と宮の境で県道に別れを告げ、右手の未舗装の林道に入りました。山腹を一旦南へ進んで東に折れ曲がると、正面に川上岳の南尾根、その左奥に川上岳が拝めました。


ウグイスのさえずりを聞きながら落石の転がる林道を歩き、7時半にツメタ谷の川上岳登山口着。尾根を南へと登ってゆきました。
 左に川上岳を見上げ、右手には白山が見えてきました。


白山の手前には、歩いてきた林道が延々を続いていました。登山道に雪はほとんどありませんが、ツメタ谷源流の渓は雪に覆われていました。


宮川・神通川の源流です。この雪が高山へ、富山へ、さらに日本海へと流れ下ってゆきます。雪渓を登っていると、ラジオから、岩手県大槌町・赤浜小学校の、三年前の津波後毎年花を咲かせてきた桜の木が、土地のかさ上げの為に伐採されるというニュースが聞こえてきました。三月に大槌町を訪れた際、解体された赤浜小学校の校舎の木から作られたストラップを買わせていただきましたが、その木には「和」と書かれてありました。東北に向かって念仏をお唱えしました。町の復興はまだこれからです。応援を続けて参ります。
 8時15分に稜線に出、北西に白山、北東に川上岳、東に御嶽山を遥拝。



1617mピークから振り返ると、鷲ヶ岳や烏帽子岳。


9時前、川上岳に登頂し、白山に向かって観音経をお唱えしました(冒頭写真)。白山頂御前峰・剣ヶ峰・大汝峰を中心に、左に別山、三ノ峰さらに大日ヶ岳、右には三方崩山、さらに猿ヶ馬場山へと限りなく続く均整のとれたお姿。


帰りの長い林道・県道歩きもあり、位山まで縦走するか迷っていましたが、白山権現が縦走を決断させてくださいました。南無白山妙理大権現。位山、船山の背後に乗鞍岳と北アルプスを望みつつ、尾根を駈けてゆきました。


 9時45分に1444m三角点を通過し、右後方に川上岳、右手に御嶽山を拝みつつ縦走。


10時半前、尾根の鞍部に散らばる獣の骨に掌を合わせて念仏をお唱えしました。


頭骨は見当たらず、白い毛が残っていました。左手から白山が見守っておられました。


位山の広い山頂部を登り11時前登頂。



白山を遥拝して般若心経を読誦し、正身端坐しました。
 白山の、視界いっぱいに広がる長大さと均整のとれた美しさ。その真っ白なお姿は、観音菩薩の広大円満な慈悲のお姿であり、阿弥陀如来の「光明遍照 十方世界 念仏衆生 摂取不捨」のお姿そのものであります。白山を開山された泰澄大師が、御前峰・大汝峰・別山に十一面観音菩薩・阿弥陀如来・聖観音菩薩を感得されたことの有難さ。私には、この白山三所権現の本地仏が何の矛盾もなく受け容れられます。十一面観音さまは聖観音さまの変化身、観音さまは宝冠中に阿弥陀さまの化仏を戴いております。そして観音経も阿弥陀経も、それを説かれたのはお釈迦さまに他なりません。白山に向かって白山三所権現ご真言・ご宝号をお唱えし、投地礼をして11時半に下山、来た道を戻りました。
 日が高くなり、朝は逆光でよく見えなかった北アルプスや御嶽山が白さを増してきました。北東に笠ヶ岳や高山市街。


南には萩原の街、東には御嶽山を遥拝。


真昼の日差しは暑いものの、西から涼しい風が吹いていました。13時すぎ、位山の右奥に乗鞍岳を遥拝。


川上岳手前の1507mピークから川上岳と位山に掌を合わせ、宮大イチイへと下ってゆきました。正面に白山連峰、眼下に延々たる林道を見下ろしつつ急峻な山道を降下。14時前、ツメタ谷の樹齢二千年の大イチイに参拝しました。


 ツメタ谷の冷たい水で洗面して喉を潤し、林道を上へ。14時半に登山口通過、往路の林道を戻って15時半に県道に出ました。県道を下ってゆくと、横断側溝取替の作業が行われていました。挨拶をし、工事中の溝を横切って下ってゆきました。県道は舗装されていますが、路肩の土や落葉がはみ出しており、野人や獣にもけっこう歩きやすい道です。17時に県道ゲート着。楢谷白山神社にて白山妙理大権現に感謝し、帰路につきました。飛騨清見は桜がまだ咲いていました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝