FC2ブログ

記事一覧

安波山

 東日本大震災から四年目の三月十一日、郡上白鳥・正法寺の西澤英達和尚発願の慰霊の旅に参加させていただきました。和尚さまのテレホン法話0575-82-4321を、皆さま是非お聞きください。
 気仙沼に一泊しての翌早朝、独りで宿を出、湾を見下ろす安波山(あんぱさん)へと向かいました。火除稲荷大明神に参拝して山道を上へ。



建築家の安藤忠雄さんが植樹に協力している「鎮魂の森」を、薄い雪を踏みつつ登ってゆくと、展望台の辺りで日が昇ってきました。



気仙沼湾がほんのりと朝日に染まっていました。



山頂に登り、海に向かって読経・念仏させていただきました。



願わくは、四海の波の安らかならんことを…。
 安波山から港に下り、湾に突き出た五十鈴神社に参拝。



境内には、郡上市のボランティア団体が二年前に枝分け・植樹したという、白山麓・御母衣湖畔の荘川桜が数本ありました。思いがけぬ出会いに、白山権現ご宝号をお唱えしました。



五十鈴神社の下には浮見堂があったそうですが、津波で流されたままです。



荘川桜は、再建された浮見堂からこそ見たいものです。そして、復興した気仙沼の町と共に…。
 和尚さま一行と平泉の中尊寺に参拝し、境内の白山神社へ。嘉祥三年(850)、慈覚大師(円仁上人)が中尊寺開山の際に勧請し、中尊寺鎮守白山権現として白山本地・十一面観音菩薩を祀ったとのことです。藤原秀衡公が石徹白の中居神社や越前・平泉寺など、白山に仏像を寄進したご縁も想いながら、白山妙理大権現に掌を合わせました。



 土地の嵩上げや復興道路の工事中で、まだまだ多くの方々が仮設住宅を出られない被災地の現状。困難な現実の前に私たちの力は微かではありますが、目と心を開き、自分にできることをさせていただくの他ないのだと思います。お祈りをさせていただくと共に、町が復興し生活が復興するまで、応援を続けてまいりましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝