FC2ブログ

記事一覧

立花六角堂・高山 放浪

 6月25日、美濃市立花の六角堂に参拝がてら、付近を放浪。六角堂は、立花と白山美濃馬場前宮・洲原神社のある須原の境の峠にあり、泰澄大師作と伝わるお地蔵さまが祀られていますが、現在は峠の下を国道のトンネルが通っている為いつも素通りしてしまい、まだ参拝したことがありませんでした。
 11時すぎ、国道の須原側から、大きく蛇行する長良川右岸の道を歩き始めました。


この道は「地蔵まわり」と呼ばれるようです。途中で河原に降り、砂浜を散策。「亀岩」に挨拶しました。


対岸の保木脇からはもっと亀らしく見えるのですが、こちらからは間近に見ることができます。さらに道を進みつつ六角堂への登り口を探してみたものの、よく分からず。長良川右岸をそのまま進んで国道(立花側)、高速道路、長良川鉄道の線路もくぐってしまいました。
 山側に上る小道があったので、イチかバチか、入ってみました。そこにはお墓があり、後ろを水路が流れていました。


木尾(こんの)から須原を通って立花の長良川水力発電所に至る水路です。長良川の豊かな水流を利用したこの発電所は、明治43年(1910)以来、百年以上経った今でも現役で活躍中です。
 水路を渡って藪化した踏み跡が山腹を西へ上っており、やがて尾根に出ました。尾根のヤブ道を北~東へ登り返し、正午すぎにピークに出ると、標識がありました。


ヤブの登りは蒸し暑く、すでに汗ダクです。野人たる私は「×」の方から来たのですが、直進すると「六角堂」、北側に進むと「高山」とあります。「高山」とは何ぞや?この辺りに高山という集落はないはずですし、高山という山も聞いたことがありません。まさか、此処から50㎞以上は離れた飛騨の高山市のはずもありません…(方角は合っていますが)。六角堂にお参りする前に、この「高山」に行ってみることにしました。
 此処からの山道は明瞭で、一旦下ると上りになりました。「高山」とは、どうやら山のようです。道は北へと続いており、途中の鉄塔からは北に鶴形山を遥拝。


どの山が「高山」なのか分からないまま、さらに尾根をアップダウンしつつ進んでゆくと、やがて尾根は西への急な上りとなりました。岩の間を縫って登ってゆき、13時前に高山登頂。


「湯の洞山」とも書かれていました。山頂からは、南東に登ってきた尾根や地蔵まわり、六角堂方面が見渡せ、北東には鶴形山が見下ろせました。



さらに南には美濃の古城山。


高山頂に坐して般若心経を読誦しました。日差しは暑いものの、時折、南から涼しい風が吹いてきました。
 山頂からさらに南西へ尾根が続いており、しばし徘徊。樹が茂って展望はあまりありません。尾根の東側の岩壁を伝って高山頂へと戻り、苔むす巌の上にお日様を拝みました。


13時45分に下山、来た道を下って西に高山、北に鶴形山を遥拝。



下草に、涼しい薄緑色の蝶が止まっていました。


ミドリシジミの仲間でしょうか。14時半前、往路に藪から出たピークに戻り、六角堂方面へ。尾根から南に、真下を通る高速道路や長良川、国道が見渡せました。


 14時40分に六角堂着。


白山を開山された泰澄大師が養老3年(719)に彫ったと伝えられる地蔵菩薩が祀られています。般若心経と地蔵菩薩ご真言、泰澄大師ご宝号をお唱えしました。


お堂の前に拝殿があるのは、神仏習合の名残でしょうか。お堂の後ろには石仏が立ち並び、役行者の像もあります。明治の初めまでは此処を通る「地蔵坂」は郡上街道の要路だったそうで、お堂のすぐ下を古道が通っています。お堂から古道を左へ下ると、苔むした峠に馬頭観音さまが立っておられました。


さらに下ると、荒れた古道の先は国道のトンネルの須原側出入口付近でした。


再び峠に登り、六角堂から右への道を下ると、こちらにも馬頭観音さまがおられました。


「明和二年」とあります(1765)。古の白山登拝者たちは、立花の白山神社から長良川右岸を進み、この峠道を登って六角堂にお参りし、洲原神社へと向かったことでしょう。往古は此処に白山修験の寺社があったのかもしれません。お堂は鎌倉時代~室町時代初めのものとのことです。様々な時代の波を越え、今に泰澄大師の心が守り伝えられていることは、本当に有難いことです。
 道を下ってゆくと、やがて水神さまや薬師堂があり、麓(立花側)に出ました。国道からトンネルをくぐって須原側へと向かいました。峠道よりずっと楽ですが、歩行者ではなく車の為に作られており、峠道よりけっして安全とはいえない道でありました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝