FC2ブログ

記事一覧

湯たんぽの功徳

 明けましておめでとうございます。
 暖かなお正月、例年、長靴を履いて初詣に行く白山美濃馬場中宮・長瀧寺も、全く雪がありませんでした。地球温暖化という果報を実感させられる年明けです。地球温暖化による気候変動が、世界的に見れば干魃と洪水の増加→食糧不足→政情不安→戦争と難民の増加に繋がり得ることを思えば、暖かい冬だなぁ、などと呑気なことは言っておれません。
 二年前の当ブログに、近い将来、電力の自由化が進み、私たちが再生可能エネルギーによる電力を自由に選べる日が来ることでしょう、と書いたのですが、今年の4月より、いよいよ電力が自由化されます。再生可能エネルギーの需要と供給が健全に伸びてゆくための、第一歩といえましょう。
 二年前より使い始めた湯たんぽは、今も重宝しています。入浴時のお湯を入れた湯たんぽの功徳とは、
一 入浴後、足に掛けた毛布の中に入れておけば、暖房がいらない。
二 寝る時、足を温めてくれる。
三 布団に入れておけば朝まで温かく、起床後、ぬるま湯で顔を洗える。
四 朝、カチンコチンに凍った車のフロントガラスに、湯たんぽのぬるま湯をかけて溶かすことができる。
五 災害時や断水時の非常水として使うことができる。
何よりも大切なことは、私たちの生活を脚下から見直させてくれることです。水や光、熱をはじめとする大自然の恩恵を、如何に大切に使ってゆくか、使わせていただくかというところにこそ、時代を越えた正しい生活の道があるのではないでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝