FC2ブログ

記事一覧

白雲山~阿千葉城放浪

 4月15日朝、郡上大和の道の駅より白雲山へと登ってゆきました。聖徳太子堂に参拝し、剣から三十三観音(石像)巡拝路を登って20分程で白雲山観音堂着。


般若心経と念仏をお唱えし、昨晩の熊本地震の犠牲者のご冥福と、被災された方々の生活復興を祈りました。此処には中世、大きな寺院があったそうですが、詳細は分からないようです。「大和町史」によれば、弘化3年(1846)三十三観音寄進の際の記録に、御本尊は播磨国清水へ御転座、とあるそうです。広い境内には、「聖観音菩薩像出土之地」の碑がありました。
 観音堂からさらに上へ、尾根伝いに林道を登ってゆきました。「伝大和尚之墓」に参拝し、522mピークを経て北東の樹間に母袋烏帽子岳~白尾山~鷲ヶ岳の山並を拝み、尾根を横切る林道を直進してさらに尾根の未舗装の林道を北上。樹が茂り展望はなかなか得られませんでしたが、8時半、640mピーク手前より北北西に白山が拝めました。


桧峠を挟んで左に毘沙門岳、右側に大日ヶ岳へと続く尾根、その背後に三ノ峰と別山の白い山並、そして大日ヶ岳の左に頭を覗かせる御前峰。


白山に向かって観音経と白山権現ご真言・ご宝号をお唱えし、土の上にしばし坐しました。
 此処から長良川沿いの阿千葉城へは、眼下に見える貯水池まで下れば林道があります。以前、尾根筋の林道をこのまま進み、終点から藪を漕いで急峻な法面を西へ下って池に降りたことがあります。今日は、北西に下る鉄塔巡視路を降下してみました。


鉄塔を経て藪の尾根を北へ下ってみると、谷へと落ちる急峻な斜面に。慎重に下ってゆくと、下に沢と林道が見下ろせました。


9時半に沢に着水。


沢沿いの林道を登って貯水池に出ると、池の向こうに毘沙門岳が拝めました。


池の西側に登ると、毘沙門岳~桧峠~大日ヶ岳の白山鳩居行者の尾根の背後に願教寺山と三ノ峰が拝めました。


多和ノ宿本地・毘沙門天、国境ノ宿本地・十一面観音菩薩、千ノ宿および大日宿本地・大日如来ご真言をお唱えしました。
 鉄塔から、倒木・落石の多い急斜面の巡視路を下り、沢沿いの林道に戻って10時に阿千葉城登り口へ。中世、郡上の領主となった東(とう)氏が最初の城を築いた処です。東氏の祖は、下総の武将・千葉常胤から下総東庄(とうのしょう)を相続した六男・東胤頼で、奥州相馬氏の祖・相馬師常とは兄弟です。胤頼の孫の胤行が承久の乱(1221)の戦功により当地・美濃国山田庄を与えられて城を築き、二男・行氏が山田庄を受け継ぎました。郡上東氏は四代・氏村の時に牧の篠脇城に移り、その後、歌人武将として知られる東常縁などが活躍し、白山中宮長瀧寺の外護もしてきました。しかし、永禄2年(1559)に東常慶が分家の遠藤盛数に敗れ、子の常尭は再起を図って飛騨白川郷・帰雲城の内ヶ島氏理を頼りましたが、天正13年(1586)の天正大地震で帰雲山が大崩壊して城下が埋没、東氏も内ヶ島氏も滅亡してしまったのでした。長良川を見下ろす高台の阿千葉城に登って般若心経と妙見菩薩ご真言・念仏をお唱えし、東氏一族並びに天正大地震・東日本大震災・昨晩の熊本地震の犠牲者に回向し、被災地の復興を祈りました。


 阿千葉城趾から尾根を北へ進み、尾根を横切る鉄塔巡視路を東へ下って林道に出ました。林道はやがて、貯水池から下ってきた林道を横切り、白山を遥拝した尾根の西山腹を南へ。振り返ると、阿千葉城の向こうに油坂峠と熊ヶ岳が望めました。


油坂峠を越えれば越前です。さらに林道を進むと、大日ヶ岳への尾根の背後に三ノ峰と別山が拝めました。


林道は大間見方面へは通行止めとなっています。11時半前に桜の咲く白雲山に戻り、北東に母袋烏帽子岳・白尾山・鷲ヶ岳を遥拝。


カナヘビ君に掌を合わせ、白山権現ご宝号をお唱えしました。
「若し白山の名を聞く善悪諸衆生、生死に流転せば、我即ち成仏せじ。」(「白山上人縁記」)


 正午前に白雲山観音堂に戻り、三十三観音の巡拝路を下ってゆきました。下って車道と川を渡った先には、松尾城跡があります。


東氏の一族・野田氏の居城でしたが、康応2年(1390)に東氏に攻められ落城しました。その後、野田氏の家督は東氏が継いでいたようで、東常縁も兄・氏数の後を継いで当主となるまでは野田氏を称していたそうです。城跡にて白雲山を背景に念仏をお唱えし、東氏一族と震災犠牲者の菩提を弔いました。


祈ったからとて災害がなくなるわけではありません。しかし、苦しみのさ中にあっても正念を失わないためには、祈りが必要です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝