FC2ブログ

記事一覧

9.12豪雨

 17日、岐阜県安八町の長良川堤防沿いにある「治水観音」にお参りしてきました。


今から40年前の昭和51年(1976)9月12日に此処で堤防が決壊、安八町と北隣の墨俣町のほぼ全域が浸水したのでした。
 当時、九州の南西をゆっくりと北上する台風17号の影響で前線の活動が活発化し、9月8日から14日までに長良川流域で降った雨は、長良川源流の大日ヶ岳で1175mm、白鳥909mm、郡上八幡1091mm、美濃840mm、長良川支流・板取川上流の蕪山で953mm、揖斐川流域では樽見951mm、大垣824mm等の記録的豪雨となりました。9日にはすでに岐阜市や高富町(現・山県市)などで浸水被害が発生し、その後も降り続いた雨で12日に安八町で堤防が決壊、水防活動をしていた方が一名亡くなり、安八町・墨俣町の3536世帯が被災しました。この豪雨により、岐阜県内で死者・行方不明者9名、7万5689戸が流出・浸水等の被害を受けました。堤防を見守るように立つ観音さまの前で読経・念仏し、亡くなられた方々のご冥福と、白山連峰を源流とする諸川の流域の方々の安全を祈りました。


 現在、九州の南西から北東へゆっくりと進んでいる台風16号の影響で秋雨前線の活動が活発化し、全国各地で警報や避難情報が出ている所もあります。居住地の洪水ハザードマップ・土砂災害ハザードマップ等を確認し、避難の準備を事前にしておくことが大切です。特に、お年寄りや障害のある方、高齢者や障害者のグループホームや施設では、早目の行動を心がけたいものです。
 私は長良川沿いの、空気が澄んだ日には白山頂が拝める処に仮住まいしておりますが、長良川が氾濫した場合、1mくらい浸水するようです。白山等で泊まる時は無人の避難小屋ですので、山で使うリュックをそのまま非常持ち出し袋にしています。昨今、いつどこで集中豪雨が発生するか分かりませんので、事前に備えておくことは大切でしょう。
 10月10日まで、安八町のハートピア安八・歴史民俗史料館で企画展「9.12豪雨災害あれから40年」が開催されています(入場無料)。また、9.12豪雨については、岐阜県のホームページにも写真や概要があります。
https://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/bosai/shizen-saigai/11115/siryou/9-12gou.html
命を守る為、過去の災害の教訓に学びたいものです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝