FC2ブログ

記事一覧

桧峠~大日ヶ岳~銚子ヶ峰登拝・下

 翌20日朝、4時半に起きて勤行。風はすっかり止み、静かな朝です。5時15分頃に小屋を発ち、美濃禅定道と鳩居峯の合流点辺りまで登ると、北アルプスと乗鞍岳の間に朝日が昇ってきました。


北には、別山(四海波岳)を遥拝。


向かって右に南白山、左に三ノ峰(高砂岳)が侍しています。ふと、観音さま・善財童子・龍女の三尊を念いました。別山本地・聖観音菩薩に観音経をお唱えし、白山の仏法興隆を祈願しました。三ノ峰のさらに左には、昨日登った銚子ヶ峰と母御石山。


南には野伏ヶ岳、石徹白へと下る禅定道、毘沙門岳と西山の鳩居峯、さらに滝波山・美濃平家岳・平家岳、そして高賀山。


別山に投地礼をし、6時に下山しました。
 おたけり坂の上のかむろ杉は、遠くからでもよく目立ちます。


アイゼンを履いておたけり坂を降下。7時半に大杉を仰ぎ、般若心経を読誦。


今清水社(本地地蔵菩薩)から残雪と藪の尾根を進んで振り向き、かむろ杉の背後に丸山から母御石山へと続く尾根、さらに三ノ峰を遥拝しました。


尾根を下って石徹白川沿いの林道に着地。


林道の雪はすっかり融けていますが、斜面にはまだ雪があり、雪崩れている処がありました。念仏坂の背後に芦倉山の頂を拝み、吉沢平から八丁坂の上の美女下平へと続く古の禅定道を望みました。


 9時前に初河谷出合着、一旦禅定道を離れ、昨日歩いた芦倉山を拝んで八反滝へと向かいました。滝までに何回か初河谷を渡るのですが、雪融け水で水量は豊富、残雪もあり、コンクリートの橋が流されひっくり返っている処もあり、渡渉中にバランスを崩して腰まで冷水に浸かりました。


濡れねずみになって9時半に滝参拝。


水の冷たさと、日の温かさ。どちらも、観音さまのお導きです。林道に戻り、急斜面をよじ登って八丁坂へ。犬石を経て11時前、美女下平に登りました。


北に母御石山と三ノ峰を遥拝。


斧石(よきいし)を経て古の禅定道を降下。


浄安杉から中居神社へと下り、大宮殿にて般若心経と虚空蔵菩薩ご真言をお唱えしました。


権現鳥居をくぐったのは、ちょうど正午でした。
 石徹白から南に毘沙門岳、南東に桧峠を見上げつつ、禅定道を行道。


12時半に大師堂参拝、大師堂下の泰澄大師像は桧峠の泰澄大師像と同じお姿です。古道をさらに進むと、北に芦倉山と初河山、その間に丸山が望め、さらに左奥に別山と三ノ峰を遥拝。南方を見下ろす聖観音菩薩さまに掌を合わせました。


やがて桧峠への県道と合流、桂清水で喉を潤し、13時半前に一之瀬社跡参拝。


初河谷でズブ濡れになった服はすっかり乾き、空は曇ってきて適度な涼しさ。県道は桧峠までくねくね上っていますが、古の禅定道は少し山手の方を旧桧峠へと上っていたようです。14時に旧桧峠のすぐ下へ。


薮中の古道を登ると、其処は、半月ごとに巡拝している峠の地蔵堂でした。一週間前の鳩居五宿巡拝と合わせると、これで「8の字」完成です。峠付近より、大日ヶ岳と別山・三ノ峰を拝みました。
 桧峠の泰澄大師は雪もすっかり融け、雪吊りが外してありました。前日の自分の足跡を辿って国坂ノ宿に参拝。


いつも投地礼している平らな石も、残雪の下に現われてきました。本地・十一面観音さまに観音経を読誦し、お導きを感謝しました。白山三所権現(御前峰・別山・大汝峰)の中尊は十一面観音さまですが、鳩居十宿のまん中に当たる国坂ノ宿の本地も、十一面観音さまです。白山三所権現とは、十一面観音さまが北方(大汝峰)には阿弥陀如来として示現され、南方(別山)には聖観音菩薩として示現されたものと見ることができます。また、白山鳩居十宿の諸仏諸尊も、十一面観音さまの普門示現のお姿であると見ることができます。では、十一面観音さまの当体とは何ぞや?・・・それは、真空無相、色即是空空即是色の妙理に他なりません。
 長良川に沿っての帰路、川沿いの桜が満開でした。雪融け水は白山から南海へと流れ下り、桜の花は南海から北へ、上ってきていました。


南無白山妙理大権現
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝