FC2ブログ

記事一覧

出雲巡礼/神門~神立

 1月31日14時、出雲市駅着。傘をさして駅から西へ足を進め、市民会館前の公園の一角へ。


阿利神社の旧鎮座地です。祭神は阿遅須枳高日子命(アヂスキタカヒコノミコト)。大国主神(大己貴命)の長男です。「古事記」によれば、母は宗像の奥津宮(玄界灘の沖ノ島)の祭神・多紀理毘賣命(タキリビメノミコト)。「出雲国風土記」によれば、神門郡(かむどぐん)高岸の郷で幼少期をすごされた阿遅須枳高日子命は、昼夜泣いてばかりいたそうです。そこで父・大国主神は、高床の建物を造り、高い梯子を登り降りさせて育てたとのこと。この「高屋」は、大社造りの神殿を思わせます。また、昼夜泣き続けたというのは、大国主神の祖先・須佐之男命が、「妣(はは)の国」即ち黄泉の国に行きたいと泣き続けていたのに重なります。旧社地から南へ足を進めると、高西の公園に立つ神像。


阿遅須枳高日子命が遊具を見下ろしています。阿遅須枳高日子命は沖ノ島で産まれ、此処で育ったのでしょう。さらに南側へ歩を進め、阿利神社に参拝。


須佐之男命~大国主神~阿遅須枳高日子命と続く出雲ゆかりの神々に掌を合わせました。
 「古事記」に、高天の原の天照大御神が長男の天忍穂耳尊(アメノオシホミミノミコト)に葦原の中つ国(日本)を治めさせようとされた際、天忍穂耳尊は「まだ治められる状況ではない」と高天の原に戻り、弟の天菩比神(アメノホヒノカミ)を出雲に遣わしました。が、大国主神に従ってしまい、戻ってきません。次いで天若日子(アメノワカヒコ)が遣わされましたが、大国主神の娘で阿遅志貴高日子根神(アヂシキタカヒコネノカミ)の同母妹の下照比賣(シタテルヒメ)と結婚し、戻ってきませんでした。高天の原から様子見に遣わされた雉を天若日子は射殺し、その矢は高天の原まで届きます。この矢は、かつて高天の原の最高権力者・高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)が天若日子派遣の際に与えた矢。高御産巣日神が衝き返した矢は、朝寝していた天若日子の胸に命中し、天若日子は死んでしまったのでした。妻・下照比賣の泣き声は高天の原まで伝わり、天若日子の親族が降ってきて喪屋を立て、葬礼を行います。下照比賣の兄で、天若日子とも親しかった阿遅志貴高日子根神は、容姿が天若日子にそっくり。天若日子の親族たちは「天若日子は生きていた!」と、阿遅志貴高日子根神の手をとり、涙を流して喜び合いました。すると・・・阿遅志貴高日子根神は

「我は愛(うるは)しき友なれこそ弔ひ来つれ。何とかも吾を穢き死人に比ぶる。」

と怒り、剣で喪屋を切り伏せ蹴飛ばしたのでした。喪屋ははるか彼方へと飛んでゆき、落ちてできたのが美濃の喪山です。


(喪山、2018.12参拝時)
その時、下照比賣(高比賣)が詠んだ歌。

天(あめ)なるや 弟棚機(おとたなばた)の 項(うな)がせる 玉の御統(みすまる) 御統に 穴玉はや み谷 二(ふた)渡らす 阿治志貴高 日子根の神ぞ

「日本書紀」には、

「時に、味耜高彦根神(アヂスキタカヒコネノカミ)、光儀(よそひ)華艶(うるは)しくして、二丘二谷の間に映(てりわた)る。」

とあります。美濃の喪山は、出雲のほぼ真東。下照比賣は出雲の百キロ東・伯耆国一宮の倭文神社(しとりじんじゃ)におられたと伝わり、天若日子が朝寝して亡くなったのは倭文神社の辺りでしょうか。喪屋は倭文から東へ、約二百七十キロ飛んでいったのでしょう。
 阿遅志貴高日子根神は、「古事記」に

「今、迦毛大御神(かものおおみかみ)と謂ふぞ。」

とも記される「大御神」。「出雲国風土記」にも

「天の下(あめのした)所作(つく)らしし大神命(大国主神)の御子、阿遅須枳高日子命、葛城の賀茂の社に坐(いま)す。」

とあります。天若日子の親族たちはこの時の光景に驚愕し、大国主神の御子の名は高天の原にも伝わったはずです。この後、高天の原から遣わされた建御雷神(タケミカヅチノカミ)が武力をちらつかせて大国主神に国譲りを迫ると、阿遅志貴高日子根神の異母弟・八重事代主神(ヤヘコトシロヌシノカミ)は戦わずして降参し、さらに異母弟の建御名方神(タケミナカタノカミ)は戦闘の末、諏訪まで敗走して降参、諏訪の神として祀られたのでした。二人の子の降参を受け、大国主神は出雲に神殿を建てることを条件に、天つ神への国譲りを承諾したのでした。この「国譲り」の場面に、大国主神の光り輝く御子・阿遅志貴高日子根神が全く現われないのは不思議ですが、高天の原側も、この神との衝突は避けたかったのでしょう。阿遅志貴高日子根神は出雲の他、葛城の高鴨神社や土佐国一宮・土佐神社等に祀られていますが、さほど有名でないのは名前が覚えにくいからかもしれません。美濃の喪山周辺には、この神を含め出雲ゆかりの神々が多く祀られています。
 阿利神社から南東へ。雨止まず、冷たい東風。15時に神門寺(かんどじ)に参拝。


「出雲国風土記」に

「新造の院一所。朝山の郷の中にあり。(中略)厳堂を建立つ。神門臣等の造る所也。」

とあります。阿弥陀さまと十一面観音さまにお参りし、東へ。向かい風に手が凍えます。神門寺から長い参道を歩くこと十五分、塩冶神社(えんやじんじゃ)に着きました。


「出雲国風土記」に、神門郡塩冶(やむや)の郷は

「阿遅須枳高日子命の御子、塩冶毘古能命(ヤムヤビコノミコト)坐(いま)しき。」

とあり、阿遅須枳高日子命の御子(大国主神の孫)を祀った社です。境内に咲く梅の花。


大国主神~阿遅志貴高日子根神~塩冶毘古能命の三代の神と大国主神の王子眷属を拝み、すべての天神地祇の融和と、生きとし生けるものの融和を祈りました。
 塩冶神社から北へ歩を進め、大廻城があった山へと上がって一の谷公園へ。


平和祈念塔に掌を合わせ展望台に登ると、南東に歩いてきた塩冶神社や神門寺方面、その奥には古志町が見渡せます。


「出雲国風土記」によれば、神門郡古志(こし)の郷は伊弉弥命(イザナミノミコト)の昔、日渕川(保知石川)を使って池を築いた際、古志(越、北陸)の人たちが来て堤を作り宿った所です。太古の昔から古志の国(越の国)と出雲の国に交流のあったことは、須佐之男命が退治した「高志の八俣大蛇」(「古事記」)や、大穴持命(大己貴命)が平定したという「越の八口」(「出雲国風土記」)の記述からも明らかです。北西には、出雲ドームの奥に連なる「御崎山(みさきやま)」。



「出雲の御崎山。郡家の西北二十七里三百六十歩。高さ三百六十丈、周り九十六里一百六十五歩。西の下(ふもと)に所謂天の下所造らしし大神の社坐す。」(「出雲国風土記」)

かつて、大国主神が黄泉平坂(よもつひらさか)から脱出したときに須佐之男命が

「宇迦の山の山本に、底つ石根に宮柱ふとしり、高天の原に氷椽(ひぎ)たかしりて居れ。この奴。」

と言い渡した通り、大国主神は天つ神への国譲りと引き換えに、この山麓に壮麗な大社を築かせたのでした。
 一の谷公園から北へ下り、阿須利神社に参拝。


「出雲国風土記」に「阿須理の社」とあります。元々は龍神を祀っていたようです。境内には出雲の神々が多く祀られ、阿遅志貴高日子根神の妹・下照比賣命も祀られています。


さらに東へ行道。16時半すぎに斐伊川岸の秋葉神社に参拝。


冷たい雨風の中、神立橋(かんだちばし)を渡りつつ南東に拝んだ神名火山(かむなびやま、仏経山)。


川を渡って右岸を北へ。北西に御崎山の山並。


堤防を下り、17時に万九千神社・立虫神社に到着しました。


旧暦十月は「神無月」といいますが、これは十月に亡くなられた伊弉冊尊(イザナミノミコト)を偲んで全国の神々が出雲に集まるからで、出雲では「神在祭(かみありさい)」が行われます。大社に参集した神々は秋鹿郡(あいかぐん)の佐太神社等を巡りながら神議をし、万九千社(まくせのやしろ)での「神等去出祭(からさでさい)」の後、帰路にお立ちになるとのこと。「神立」の名もこの伝承に由来するそうです。万九千神社の彼方に大社を遥拝。


日本の母・伊弉冊尊のために、全国から集まる神々。二十一世紀の現代にあっては、日本のみならず世界の神々も招待してほしいものです。アイルランドのロックバンド・U2の「オクトーバー」という、ピアノ伴奏のみの静かな歌は、奇しくも出雲の神在祭にピッタリです。

神無月 樹々はなべての 葉を落とす なすがまにまに
神無月 国は興りて亡ぶとも あなたは歩む 永久(とわ)鎮(とこし)えに (順昭訳)

ご宝前でこの歌を口ずさんで黄泉津大神(伊弉冊尊)を偲び、世界の天神地祇の融和と、生きとし生けるものの融和をお祈りしました。

八雲立つ出雲の東風(こち)に凍えつつ
八百神(やほがみ)拝み心は和(な)ぎぬ 順昭
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝