FC2ブログ

記事一覧

肥前・基山登拝

 12月18日昼前、基山駅で下車。三ヶ月前にも訪れた神社に参拝し、観音堂にて准提観音さまにお参りしました。豪潮律師の扁額。三ヶ月前は此処から、豪潮律師が享和2年(1802)に「八万四千」宝篋印塔の最初の塔を造立された大興善寺へと行道しました。(大興善寺の宝篋印塔、2019.9)今回は、天智天皇3年(664)に椽城(基肄城(きいじょう))が築かれた基山を目指して行脚(巻頭写真)。途中、「大行事」を祀る石碑に掌を合わせました。「大...

続きを読む

朝倉放浪~中村医師と斉明天皇

 12月18日早朝に太宰府を発ち、朝倉街道駅で下車して路線バスで朝倉へ。通学の時間帯で、バスには次々と高校生たちが乗ってきます。一時間ほどで三連水車の里に着きました。東から西に流れる筑後川の北側を潤す、堀川用水。寛文2~3年(1662~63)の大干魃による飢饉を契機に寛文3年に開鑿された農業用水路です。寛政元年(1789)、用水路の山側(北側)にも水を引くために設置された、菱野の三連水車。用水路下流に歩を進めると、三島...

続きを読む

太宰府放浪2

(承前) 観世音寺から西へ歩を進め、戒壇院にて梵網菩薩戒経偈をお唱えして大宰府政庁跡へ。真北に四王寺山(大野城)。そして真南に基山(基肄城(きいじょう))。展示館に入ると、巨大なカメムシが目につきました。展示物ではありません。キマダラカメムシです。東南アジア・台湾・中国から江戸時代に長崎に渡来し、二十世紀後半に九州北部に分布を広げ、二十一世紀に入ると本州に進出、私も今年、岐阜県で初めて出会いました。(岐阜...

続きを読む

太宰府放浪1

 12月17日朝、西鉄下大利駅で下車して南へ歩を進めると、北東から南西へと連なる長大な堤に出ました「是歳、対馬嶋・壱岐嶋・筑紫国等に、防(さきもり)と烽(すすみ)とを置く。又筑紫に、大堤を築きて水を貯へしむ。名けて水城(みづき)と曰ふ。」(「日本書紀」天智天皇三年(664)の条)北東には、大野城が築かれた四王寺山(大野山)。「達率(だちそち)憶礼福留・達率四比福夫を筑紫国に遣して、大野及椽(き)、二城を築かしむ。」(「日...

続きを読む

中村哲医師は日本のアジアの世界の誇り

 12月4日、中村哲医師が凶弾に倒れた日の夜、来日中のアイルランドのロックバンド、U2が埼玉で一日目の公演を行いました。翌日夜、その公演の動画で聞いた80年代中期の名曲「Bad」。放っておけば 消え去ってゆく放っておけば 消え去ってゆく目を見開いて!目を見開いて!目を見開いて!俺は眠っちゃいない(拙訳)ボノの叫ぶような歌声に、アフガニスタンとパキスタンの辺境で困窮した人々の為に生涯を捧げた中村医師が偲ばれ、...

続きを読む

中村哲医師のご冥福をお祈りします

 12月4日夕、ニュースで中村哲医師が銃撃され、亡くなられたとの速報に接し、驚きと悲しみに堪えません。中村医師のパキスタンやアフガニスタンでの活動に感銘を受け、私も九年前からペシャワール会をささやかながら支援させていただき、年四回の会報で中村医師の現地での灌漑事業等の報告を読むのを楽しみにしておりました。 今年7月の会報(No.140)で、中村医師は現地赴任から三十五年の事業を振り返ってこう書いておられました...

続きを読む

白山鳩居峯中五宿巡拝行・秋

 白山美濃馬場・白山中宮長瀧寺(ちょうりゅうじ)から尾根伝いの、古の山伏の行場「鳩居峯」にあった九または十の宿(堂)のうち、五宿目までを毎月巡拝し始めて三年以上経ちました。食わず・座らず・撮らずに行じておりますが、時々ケータイカメラ持参で入峯することもあります。11月17日。今秋は白山周辺もクマが多いよう、万が一に備えてケータイ持参。峯中の紅葉を期待しつつ、紅葉の長瀧寺より入峯しました。 拝殿、豪潮律師宝...

続きを読む

奥出雲巡礼/横田~船通山

 11月8日朝、奥出雲の出雲横田駅で下車。前夜は曇っていましたが朝から好天で、上着も不要。斐伊川を源流の船通山へと遡ってゆきました。8時、伊我多氣神社に参拝。「出雲国風土記」仁多郡の条に「伊我多気の社」とあります。祭神は素戔嗚尊(スサノヲノミコト) の御子・五十猛命(イソタケルノミコト)。「日本書紀」に記される一書によれば、高天の原で大暴れして追放された素戔嗚尊は子の五十猛神を連れて新羅国の曾尸茂梨(そしも...

続きを読む

出雲巡礼/神原~峯寺~木次~天が淵2

(承前) 11月7日、天が淵へと向かうべく、峯寺弥山(みねじみせん)から斐伊川へと下ってゆきました。正午、斐伊川より峯寺弥山を遥拝。木次の八本杉は、八俣の大蛇(ヤマタノヲロチ)がよみがえることのないよう、須佐之男命(スサノヲノミコト)が八つの頭を埋めてその上に杉を植えた処とのこと。寛永10年(1633)の大洪水で流失し、その後もたびたび補植してきたそうです。掌を合わせて線路を東に渡ると、斐伊神社。「出雲国風土記」大...

続きを読む

出雲巡礼/神原~峯寺~木次~天が淵1

 11月7日、四ヶ月ぶりに出雲へ。旧暦十月は神無月(かんなづき)、日本全国の神々が出雲に集まる月で、出雲では「神在月(かみありつき)」です。朝8時前に加茂中駅で下車し、赤川を渡りました。川沿いに下流へ歩を進め、宇能遅神社に参拝。「出雲国風土記」大原郡の条に「宇乃遅の社」とあります。祭神は大己貴命(大国主神)・須美禰神・須佐能袁命(スサノヲノミコト)。さらに川沿いに足を進めると、現われた銅鏡のレリーフ。中国・魏...

続きを読む

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松樸裏

Author:松樸裏
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、万物の母たる大自然との一対一の対話
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝