fc2ブログ

記事一覧

蒲生野~赤神山~押立神社放浪2

 1月15日11時すぎ、東近江・市辺の市辺押磐皇子(いちのべのおしはのみこ)陵墓から舟岡山麓の阿賀神社へと行道。北には岩戸山~小脇山~箕作山(みつくりやま)~赤神山(あかがみやま)と連なる山並。11時半に阿賀神社に参拝。赤神山の太郎坊阿賀神社と同じく、阿賀神、即ち天忍穂耳尊(アメノオシホミミノミコト)を祀る社です。天忍穂耳尊の正式な名は、「古事記」によれば正勝吾勝勝速日天忍穂耳尊(マサカツアカツカチハヤヒアメノオ...

続きを読む

蒲生野~赤神山~押立神社放浪1

 先週は、白山三所権現(御前峰・別山・大汝峰)のうち最も北に鎮座する大汝峰の垂迹神・大己貴命を祀る能登・氣多大社と越中・氣多神社を巡拝しました。今回は、南に鎮座する別山の垂迹神・天忍穂耳尊(アメノオシホミミノミコト)を祀る霊峰詣でに、東近江に行ってきました。 1月15日朝8時半、東近江・布施山南麓より綿向山や雨乞岳を遥拝。玉緒神社に参拝しました。かつては玉尾神社と称し、主祭神は素戔嗚尊(スサノヲノミコト)。...

続きを読む

垂井・伊富岐神社より伊吹山登拝

 8月16日朝5時すぎ、岐阜県垂井町の明泉寺に参拝。門前には「戦争は罪悪である」と書かれた碑。昭和12年(1937)9月、日中戦争の出征兵士を垂井駅まで見送りに行く途中、明泉寺の竹中彰元住職(当時71才)が語った言葉です。師は村人に、「戦争は罪悪である。国家は莫大な費用を空費し損じている。戦争はもうこの辺でやめた方が国家として賢明である」と述べ、翌月、特別高等警察に逮捕されたのでした。先の大戦で亡くなった軍人は230...

続きを読む

繖山~猪子山~伊庭~五個荘巡拝

 27日朝9時、安土の近江風土記の丘を出発し、南へ進んでゆくと、左手に桑実寺へと上る石段が現われました。紅葉を見ながら登ってゆき、本堂の薬師如来に参拝。ご開山は藤原鎌足の子・定恵和尚です。本堂からさらに登った処に、大師堂がありました。天正4年(1576)、織田信長が天台智者大師と伝教大師(最澄上人)の像を祀った処だそうです。この年は信長が安土城の築城を始めた年であります。元亀2年(1571)、信長は比叡山を焼き討ち...

続きを読む

柏原~醒井~霊仙山巡礼

 12日朝8時、中山道柏原宿を歩いて宿本陣から恵比須神社に詣で、成菩提院に参拝。弘仁6年(815)、伝教大師(最澄上人)が東国布教の折に開創、本尊は十一面観音菩薩です。先日参拝した御嵩宿の願興寺も同年に開創されており、伝教大師が東山道を通って東国へと向かわれた姿が偲ばれます。東国布教は弘仁6年とも弘仁8年とも伝えられているようです。 成菩提院はその後、比叡山延暦寺別院として栄えましたが、嘉暦元年(1326)、越前の...

続きを読む

菩提山~明神山~伊吹山登拝

 8月28日、岐阜県垂井町岩手の白山神社より伊吹山まで縦走しました。 朝5時すぎ、垂井町の伊富岐神社に参拝。伊吹山の神を祀る古社です。境内入口には弥勒堂があり、弥勒菩薩ご真言をお唱えしました。伊吹山頂にも弥勒堂があります。また、伊富岐神社入口の東側にはかつて蛇池という池があり、伊吹山の「荒神」退治にきた日本武尊(ヤマトタケルノミコト)をこの池の大蛇が苦しめた、と伝えられています。(「垂井町史」) 続いて、...

続きを読む

霊仙山登拝

 5月28日5時15分、河内の風穴の先、車両通行止の権現谷林道を歩き始めました。30分程歩くと、向かいの崖上から落石がゴロゴロと落ちてくる涸れ谷の奥に「元行者窟」がありました。ヘッドランプを点けて奥へよじ登ると、人が独り入れるくらいの窟に役行者と不動明王が祀られていました。霊仙(りょうぜん)山は役行者が開き、泰澄大師が山頂の霊山寺に盧舎那仏を祀ったと伝えられています。不動明王は大日如来、即ち盧舎那仏の化身。...

続きを読む

ブンゲン~貝月山縦走

 3月14日早朝、揖斐川に架かる久瀬橋のたもとの薬師堂に参拝し、車で県道山東本巣線を上へ。途中、夫婦滝や貝月谷の白龍龍王大神に参拝し、坂内・品又谷のリゾートホテル跡の下に車を停めました。雪が舞い、此処から上は道も雪の下でした。 7時すぎ出発。坂内村ふれあいの森の入口前を右へ、品又谷を見下ろしつつ車道上の分厚い雪を登ってゆきました。8時15分、美濃・近江境の品又峠着。峠から奥伊吹スキー場の旧リフト沿いに、...

続きを読む

姨綺耶山(奥島山)巡拝

 29日13時半、琵琶湖岸の西国三十三所観音霊場・長命寺の麓に駐車、日吉神社に参拝して参道を登ってゆきました。長命寺の観音さまに般若心経をお唱えし、修理中の三重塔を見学させていただきました。 長命寺から林道を少し下ると登山道があり、10分程で長命寺山頂着。山頂の東から、北に姨綺耶(いきや)山、その右奥に伊吹山、霊仙山を遥拝。姨綺耶山は奥島山、津田山とも呼ばれ、長命寺からの登山道は長命寺山頂を通らず山頂西を...

続きを読む

伊吹山より白山遥拝

 伊吹山には例年この時期に登拝しておりますが、今回は雪が多かったです。25日7時半に春日・笹又のさざれ石公園を出発。雪上を歩いてさざれ石の前で君が代をお唱えしました。少し登り、播隆上人が寄進された阿弥陀さまの御前でお念仏。東の山の端から日が差してきました。 朝はまだ雪が固くアイゼンを付けましたが、次第に雪が深くなってきたのでアイゼンの上からカンジキを履きました。今期の初カンジキであります。カンジキを...

続きを読む

白山順禮語句検索

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松尾如秋

Author:松尾如秋
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、森羅万象を統べているものとの一対一の対話
白山と、白山に育まれているすべてのものへの讃歌
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝