fc2ブログ

記事一覧

相馬・松川浦

 東日本大震災から5年が経ちました。郡上白鳥・正法寺の西澤英達管主発願の慰霊の旅に、今年も参加させていただきました。(正法寺管主のテレホン法話 0575-82-4321 お聞きください) 福島県相馬市・松川浦の宿に泊まって翌早朝、独りで散策に出かけました。海辺の高台に建つ、川口稲荷神社に参拝。大津波で鳥居や石碑が流され、寄付を募って昨年10月にようやく再建されたそうです。神社から下ると、松川浦大橋の向こうから朝日...

続きを読む

鮎走白山宮/篠脇山 巡礼

 6月1日朝、郡上市高鷲町の鮎走白山神社に参拝しました。社伝によれば奈良時代養老年中、泰澄大師が白山を開山された際、当地に口の宮と奥の宮を建て、背後の山(大日ヶ岳)の頂にて大日如来を感得し、尾根伝いに白山まで登ったとのことです。現在の鮎走白山神社は「口の宮」に当たります。口の宮の裏にはお地蔵さまや不動明王が祀られ、大洞川沿いに上る林道を歩いてゆくと、15分程で奥の宮跡に到着しました。静かな境内には石垣や...

続きを読む

初詣

 正月二日未明、厚い雪に覆われた奥美濃・白鳥で参禅。和尚さまは今年の法語として、「求道」と書いておられました。何故、余所ではなく雪深い白山麓まで坐しに来るのか?それは、正しい道を、世界の苦しみを滅する道を求めているからだ、と申せます。 参禅後、白山美濃馬場中宮・長瀧寺に初詣。参道の雪上からは、まっ白な大日ヶ岳が遥拝できました。此処は白山の美濃側の入口です。白山三所権現と大講堂、薬師堂に参拝し、今年...

続きを読む

葛飾渋江・木下川巡拝

 5月12日午前、東京スカイツリーに程近い四ツ木駅で下車。駅から北へ街を少し歩いて西光寺に参拝しました。西光寺は嘉禄元年(1225)の創建、この地の領主・葛西清重が親鸞上人より自筆の阿弥陀如来像を与えられ、弟子となって寺を建立したとのことです。当然、浄土真宗の寺でありましたが、戦国時代に兵火にかかり、江戸時代に天台宗の寺として再興され現在に至っています。 葛西清重は下総国葛飾郡の南西部・葛西地域(現在の葛飾...

続きを読む

三島~箱根山登拝

 12月31日朝6時半、三島駅前を出発。浅間神社、白瀧観音堂と巡拝して7時に三嶋大社へ。三嶋大明神に参拝し、道中の無事を祈りました。 三嶋大社門前より、東海道を東へ。大場川を渡ると右前方の山の端が明け初め、左手には富士山の姿が拝めました。旧街道の石畳を登ってゆき、7時半すぎ、錦田一里塚より富士山を遥拝。富士浅間大菩薩のご宝号をお唱えしました。 塚原新田からは、だんだんと山道らしさが増してきます。臼転坂で...

続きを読む

白山順礼峠~大山登拝

 明けましておめでとうございます。 今年初の「白山順禮」は、正月二日、相模の飯山白山から大山登拝、飯山観音から大山山頂まで5時間の順礼路でした。 朝10時に飯山観音バス停着、辰年の初詣に、先ずは龍藏(りゅうぞう)神社に参拝しました。飯山の白山は、山頂の池に霊験を感じた行基菩薩が、楠で十一面観音菩薩像を造って白山妙理権現を勧請した、と伝わる、坂東三十三所観音順礼の霊場であります。龍藏神社は、山頂白山神社...

続きを読む

白山順禮語句検索

白山順禮写真館

Haxanjunrei

松尾如秋

Author:松尾如秋
自由と孤独を愛するアウトサイダーと、森羅万象を統べているものとの一対一の対話
白山と、白山に育まれているすべてのものへの讃歌
2006~奥美濃の藪山を登り始める
2009~白山三禅定道を毎年登拝
2016~19白山美濃馬場の古の山伏の行場「白山鳩居峯」のうち五宿を毎月巡拝、以後随時巡拝